【日刊スポーツ映画大賞】石原裕次郎賞は「アルキメデスの大戦」 山崎貴監督「映画を作る人間として戦っていかなければならない」

2019年12月28日 15時52分

石原裕次郎賞は「アルキメデスの大戦」(左から浜辺美波、舘ひろし、石原まき子、山崎貴監督、上田慎一郎監督)

「第32回日刊スポーツ映画大賞」が28日、都内のホテルで行われ、「アルキメデスの大戦」(山崎貴監督)が石原裕次郎賞に輝いた。

 戦艦大和の建造秘話をユニークな視点から描く。山崎監督は「戦艦大和の、あの時代が再び繰り返されかねない状況が、ひたひたと忍び寄っているのではないか。それを映画という形で照射できないかなと思った。問題提起をしつつも、エンターテインメントでもある。映画を作る人間として戦っていかなければならない、と改めて気持ちを強くした」と製作意図を明かした。

 授賞式には出演者の舘ひろし(69)、浜辺美波(19)も駆け付けた。また、前年に「カメラを止めるな!」で同賞を受賞した上田慎一郎監督(35)が、山崎監督に記念盾を授与した。上田監督は「今年はずっと現場だったので、久しぶりにスーツを着た」と苦笑いした。