72歳シュワちゃん“ターミネーター引退”示唆

2019年11月05日 15時14分

来日会見を行ったシュワルツェネッガー(左)とハミルトン

 ハリウッド俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー(72)、女優のリンダ・ハミルトン(63)らが5日、東京・港区のベルサール六本木で行われた映画「ターミネーター ニュー・フェイト」(8日公開、ティム・ミラー監督)の来日記者会見に出席した。

 約30年ぶりにシュワルツェネッガー、ハミルトン、キャメロン監督の名トリオが再結成した。同作は、大ヒットした「ターミネーター」シリーズ最新作。6作目となる「ニュー・フェイト」は、「ターミネーター」(1984年)「ターミネーター2」(1991年)を手掛けたジェームズ・キャメロン監督が製作指揮を執り、その「正統な続編」と位置付けられている。

 T―800役のシュワルツェネッガーは「東京に“トゥービーバック(戻る)”できてうれしいよ」と笑顔。来日については「日本では映画のプロモーションや愉快なCMにも参加してきてうれしかったし、そして、いつも“アイルビーバック(俺は戻ってくる)”と言ってるよ」と親日家ぶりをアピールした。

 サラ・コナー役のハミルトンは2度目の来日で「さあ、スタートよ。アーノルドとは35年来の親友で、(演技も)自由にできる部分もある。こんなに信頼できる人はなかなかいないわ」と友情関係を明かした。

 シュワルツェネッガーも「1984年の1作目からリンダとは友情を築いているし、2作目以降も、知事になった時も友情関係は続いている。就任式にも来てくれた。私は共和党員でリンダは共和党員じゃなかったと思うのにね」とジョークを飛ばすと「女性のアクションスター、という基準を作った人だ。今回の復帰にしてもリスクがあったと思うけど、そのアクションを見た時に『ワォ!』と驚いたよ」と絶賛だった。

 難しかったアクションシーンについて聞かれると、ハミルトンは「アイルビーバックというセリフが難しかった」と笑わせたが「本当に難しかった。だって、あのセリフはアーノルドのもので、そのイメージが強かった。何度も繰り返したわ」と本人は大真面目。

 シュワルツェネッガーは「特に楽しかったのはガブリエル(最新型REV―9役)との格闘だね。内容はネタバレになるから。あとは車のハマーが自分に飛んでくるシーンとかね」。

 長寿シリーズになったことには「グッドクエスチョンだ。誰も1作目を作った時点でこれほど長いシリーズになるとは思ってもいなかった。最初はB級映画と思われていて、作り手の中でも携わることが恥ずかしい人がいたかもしれない。でもこれだけのヒット作になって、携われたことに感謝です」と話す。

 最後に72歳のシュワルツェネッガーは「私自身はターミネーターを演じるのはこれで終わりとは思っていますが、観客の皆さんの気持ちもありますしね」と“ターミネーター引退”の可能性も示した。