香取慎吾×白石監督タッグ「次回はミュージカル」はリップサービスじゃない!?

2019年06月29日 17時00分

舞台あいさつをした香取慎吾

 元SMAPの香取慎吾(42)らが28日、都内で行われた主演映画「凪待ち」(白石和彌監督)の初日舞台あいさつに登場した。

 香取は登壇すると「いよいよ、公開初日を迎えることができました。こんなにたくさんのお客さまが来てくれて、本当に幸せだと思っています」と頭を下げた。

 ステージでは登壇者全員が考案した映画の撮影にまつわる「クイズ大会」を開催。そこで共演者で女優の西田尚美がいきなりネタバレに近い問題を出し、香取は「これ言っちゃっていいんですか?」と大汗をかく場面も。また、西田と女優の恒松祐里が撮影中、よく食事に行っていたことを聞くと、香取は「ええっ! 僕なんか食事に行くヒマがなくて、毎日ホテルで牛タン弁当食べてましたよ」と寂しい撮影エピソードを披露。リリー・フランキーが「みんな慎吾ちゃんが仕事している時に好き勝手やってますね」とツッコみ、会場を爆笑させた。

 そんな中で白石監督の口から出たのが「このメンバーで次回はミュージカルを撮りたい。楽しい作品を作りたいですね」という発言。香取も笑顔で拍手し、白石案に賛成したが、「この場だけのリップサービスに終わらない可能性が十分にある」(映画関係者)という。

 なぜなら映画関係者の間でも、今日、超売れっ子の白石監督と、香取のコンビが本当に実現するとは思わなかったらしい。「それを実現させてしまうのが白石監督の手腕」(前出関係者)だけに、「これまでミュージカルを撮ったことがない白石監督が公の場でそんなことを言えば、出資者、プロデューサー陣は色めき立ちますよ」(同)。

“香取×白石”タッグは今後も見逃せない――。