斎藤工 コンドームをイヤリング代わりに「映画史上初じゃないですか?」

2019年06月08日 21時00分

左から斎藤工、永野、金子ノブアキ、SWAY、清水康彦監督

 俳優・斎藤工(37)率いる映像集団「チーム万力」が8日、都内で行われた、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019」に関連したトークイベントに出席した。

 チーム万力のメンバーは斎藤のほか、お笑い芸人の永野(44)、俳優の金子ノブアキ(38)、ラッパーのSWAY(32)、清水康彦監督(37)。イベントでは、永野原案で斎藤がプロデューサーを務めた長編映画「MANRIKI」(11月29日公開)のメーキング映像を初上映。撮影の合間にコンドームをイヤリング代わりにして楽しむ斎藤の映像が流れると、会場は大爆笑だった。

 斎藤は「コンドームをこういうふうに使ったのは、僕が初めてだと思います。日本映画史上初じゃないですか? 現場では“コンドーム男”と化していました」と、してやったりの表情。この日は斎藤の最新監督作品「コンプライアンス」の来年公開も発表された。