松坂桃李 セリフを覚えるのは「焼き肉を焼きながらとか」

2019年06月04日 19時51分

松坂桃李

 俳優・松坂桃李(30)、韓国女優シム・ウンギョン(25)らが4日、都内で行われた映画「新聞記者」(28日公開)の完成披露上映会に出席した。

 東京新聞・望月衣塑子記者の著書「新聞記者」が原案。松坂は内閣情報室の官僚・杉原拓海役、シムは権力中枢の闇に迫る新聞記者・吉岡エリカ役を演じた。

 松坂は「どんな作品なのか言葉が見つかっていない。ひと言ではまとめられない作品になっている。いろんな先入観を持たず、思った感想を(SNSなどに)添えてもらえたら」と語った。

 シムからキャスト陣らに「セリフを覚えるとき、どこで覚えますか?」という質問が飛ぶと、松坂は「焼き肉を焼きながらとか、喫茶店に入ったり。家でも何かをしながら、負荷を与えながら覚える」と答えた。

 さらに「プライベートで最近、泣いたことはありますか?」と問われると「こういう仕事をしているのに泣かない。この間、ヒジを思い切りイスにぶつけ、思わず涙が出た」とポツリ。テレビや映画の観賞後などに感動はするが「涙腺がゆるむというのはない。泣かないんですよね」と明かした。