松坂桃李主演映画「皆さんの応援と支えのおかげ」 ピエール瀧逮捕乗り越え公開

2019年05月06日 18時40分

左から芳根京子、松坂桃李、木村文乃

 俳優の松坂桃李(30)、女優の木村文乃(31)、芳根京子(22)らが6日、東京・千代田区の有楽町マリオンで行われた時代劇映画「居眠り磐音(いわね)」(17日公開、佐伯泰英原作)の完成披露試写会に登場した。

 時代劇初主演となる松坂が演じる坂崎磐音は昼間はウナギ屋、夜は両替屋の用心棒として働く江戸の浪人。“ある陰謀”に巻き込まれ、悲しみを胸に抱えながら悪に立ち向かう。

 松坂は「皆さんの応援と支えのおかげで完成披露まできました。本当にありがとうございます」とあいさつ。木村は「初めて完成した作品を見ていただくということで、皆さんの反応がとても楽しみです」と頭を下げた。

 松坂は「磐音は壮絶な過去、運命を背負う。その運命と向き合いながら、日々撮影に臨んでいました」と演じることへの重圧があったという。時代劇初挑戦の木村は「何もかも初めてでした。監督のアドバイスを頂いて、ちゃきちゃきのおこん役を演じられたと思います」と振り返った。

 また、芳根は「プレッシャーはむちゃくちゃありました。課題がたくさんあって、すてきな雰囲気のスタッフさんに助けていただきました」と感謝した。

 イベント中には令和の抱負を掛け軸に書いて披露。松坂は「豊かに」で「最初は『健康第一』と書こうとしたが、マネジャーに止められました」と苦笑いだった。

 映画は当初、麻薬取締法違反で起訴されたピエール瀧被告(52)が出演していたが、代役を立て、再撮影、再編集を行い、当初の予定通り、17日の公開にこぎつけた。