稲垣吾郎 池脇千鶴と爆笑舞台あいさつ「夫婦漫才でもやりましょうか?」

2019年02月14日 20時41分

絶妙な掛け合いを連発した稲垣吾郎と池脇千鶴

 元SMAPで俳優の稲垣吾郎(45)、池脇千鶴(37)、渋川清彦(44)が14日、東京・千代田区のTOHOシネマズ日比谷で行われた映画「半世界」(阪本順治監督、15日公開)の舞台あいさつ中継付き先行上映に登場した。

 稲垣は「全国生中継のカメラがあるということで緊張してきました」と苦笑い。「1年前に撮影がスタートして、大切に育て上げてきた映画をお届けできます」と喜びを語った。

 映画では稲垣演じる40歳を目前に控えた炭焼き職人・高村紘を中心に「人生半ばに差しかかり、残りの人生をどう生きるか」という男の葛藤や家族、友人たちとの絆が描かれている。

 妻役を演じた池脇は「稲垣さんとは初めましてでしたが、撮影中はポツンポツンとそれぞれいる感じであまりしゃべらなかったですかね」と笑うと、稲垣演じた紘には「本当に不器用なお父さんでした」と感想を語る。その後も爆笑の掛け合い連発で、稲垣は「今度夫婦漫才でもやりましょうか?」と笑わせた。

 司会者から「この中で不器用だと思う人を指さしてください」という質問に、稲垣は渋川を指さし「不器用というか無骨な人。渋川さんは裏表がない人ですね」と真っすぐな瞳で見つめると、渋川も「照れちゃいますね」と顔を赤くした。

 最後は稲垣から池脇に「ハッピーバレンタイン!」とバラの花束のサプライズプレゼント。「いい香りがするでしょう? 僕も花が好きなんです」とイケメンぶりを見せた。