「KARA」のク・ハラ虫垂炎で緊急手術

2013年01月31日 15時52分

 K-POPガールズグループ「KARA」のク・ハラ(22)が急性虫垂炎(盲腸炎)で緊急手術を受けたことが31日、わかった。「朝鮮日報」電子版などが伝えている。

 所属事務所DSPメディア関係者によると「合宿所にいたハラは31日未明、腹痛を訴えてマネージャーを呼び出し、病院の救急外来に運ばれた。担当医師が診断した結果、急性虫垂炎だとわかり、すぐに手術することになった」と発表。

 この日午前中からソウル市内の建国病院で手術が行われ無事成功し現在、入院中だという。

 同関係者は「それほど心配しなくても大丈夫だろう。当分の間は回復に努めることになる」と心配しないよう呼びかけた。
退院の日程は決まっていない。