KARA“黙秘作戦”まずまず成功

2012年09月09日 12時00分

 KARAのニューアルバム「KARAコレクション」がリリースされた。李明博韓国大統領の竹島不法上陸、天皇陛下への失礼極まりない発言に端を発した日韓関係の悪化により、K—POPアイドルへの影響が指摘されていたが、思ったよりセールスの落ち込みは少なくすみそうだ。

 昨年は日本の音楽チャートを席巻したK—POPだが、先月から急激に反韓ムードが吹き荒れだし、冬の時代に突入するのは確実とみられていた。K—POP勢がなかなか日本でプロモーション活動できぬ中、発売されたのが同作だ。

 オリコン5日付デイリーチャートでは初登場3位、推定売り上げ枚数は1万8000枚超。「確かに一時と比べると全然物足りない数字ですけど、関係者一同とりあえずホッとしてるそうです。まったくプロモーションできなかったため、トップ10に入らないことすら覚悟してたそうですから。このままいけば、なんとか20万枚は超えそうですね」と音楽ライター。

 KARAは先月末、韓国で竹島問題について聞かれ、答えなかったことで自国内で非難を浴びたが、そこまでしても日本市場を重視したということだろう。「KARAとか少女時代という日本でも名前が売れているグループは、固定ファンもいるから、一定の売り上げはキープするのでは? ただこれから日本デビューするグループは相当厳しそうです」と前出ライターは今後の見通しを示した。

 

竹島問題“無視”のKARAに「売国奴!」

KARA叩きの背景は竹島問題?

 

関連タグ: