被害者続出「T―ARA」チケット詐欺の悪質実態

2014年12月23日 11時00分

コンサートトラブルを起こしていたT―ARA

 やはり被害者が続出してしまったようだ。今秋、話題になっていた韓国の女性人気アイドルグループT―ARA(ティアラ)のコンサートをめぐる前代未聞のトラブル。主催者がコンサートを告知し、チケットも販売しておきながら、会場は公演予定が入っていないという信じ難い事態が起きていた。チケット販売後に主催者は雲隠れ。泣き寝入りする被害者は後を絶たない。

 

 

 T―ARAの日本ツアー「T―ARA 2014 TOUR in JAPAN」が発表されたのは8月のこと。11月26、27日に東京ドームシティホール、12月1日にグランキューブ大阪、12月4日に福岡サンパレスホテル&ホールという日程で、チケットも販売された。


 ところが9月になると事態は急展開する。4月に解散した日本の旧ファンクラブの運営会社が、6月から止まっていたホームページ(HP)を約3か月ぶりに更新。ツアーには一切関与していないとした上で「該当公演は実施に際し、現時点で東京の会場の使用許可がとられておらず、実施不可能な可能性が高いことが判明致しました」。その2日後、大阪、福岡も会場が押さえられていないため実施不可能の危険性が高いとした上で、チケット購入への「細心の注意」を呼びかけた。


 すると今回の日本ツアー専用HPで、東京公演は、12月15、16日にパシフィコ横浜に振り替えられると発表された。しかし、パシフィコ横浜はHPに「開催の予定はありません」「ご案内できる情報はありません」と異例のおことわりを掲載。関係者によると主催者側は「そもそも会場を押さえていない」というから、まさに悪質な公演チケット詐欺である。いったい、どういうことなのか? 日本でのT―ARAの活動を取り仕切り、旧公式ファンクラブを運営していた会社は問題の日本ツアーには関わっておらず、公演を企画したのは、アーティストのコンサートなどを全国の劇場で同時上映する日本の配給興行会社「MMW」と、その関連会社の「スタイル」「シアターチケット」だ。


 音楽関係者によると「MMW」という会社は「BOO/WYやTM NETWORK、それにhide、KARAのコンサートのライブビューイングをやってきた会社ですが、とにかく手法には無理があった」。同関係者によると、同社は取引先との間に少なくとも2億~3億円以上の負債があるといわれてきた。


「昨秋から経営難になり、hideのライブビューイングでは支払いが行き詰まっていた。宣伝費なども含め数千万円の支払いが滞っているといわれています。一方で、韓流スターのファンミーティングなども企画してきたようですが、支払いはいいかげんで、今春には渋谷の事務所も追い出されたようです」(プロダクション関係者)


 慌てたファンがMMWに問い合わせても「不在」。警察に被害届を出すも、「動きは鈍い」という。すでに入金したファンもいるだけに、MMWには説明責任が問われるだろう。