竹島問題でK-POP冬の時代へ

2012年08月24日 12時00分

 韓国大統領らによる竹島への上陸、そして天皇陛下に対する失礼極まりない発言などで、日本には急速に嫌韓感情が渦巻き始めた。

 

 世界戦略を掲げているK―POP勢だが、売り上げの多くは日本だといわれている。日韓関係が冷え込むと、全く得をしないグループも存在するはずだが、火に油を注ぐような行動に出た韓流芸能人が現れた。

 

 男性K―POPグループ「SUPER JUNIOR」(写真)のチェ・シウォン(25)だ。自身のツイッターで、わざわざ韓国大統領府の出した「独島(竹島の韓国名)は私たちの領土であり、命を捧げて守らなければならない価値があります」の声明をリツイートしたのだ。

 

 あるレコード会社関係者は「K―POPに売り上げを依存してきたレコード会社は多いが、もはや一時の勢いはない。昨年巻き起こった反K―POP運動がキッカケで、今回の問題がトドメとなるでしょう。問題発言があったグループはプロモーションなんてできる雰囲気じゃない」と明かした。

 

「SUPER―」は22日にシングルをリリースしたが、この発言を受けて彼らを応援するテレビ局は皆無だろう。

 

 近々で“踏み絵”の場に立たされそうなのがKARAだという。「9月にアルバム発売なんですが、韓国の音楽界は、アルバム発売時にはショーケースという歌を披露する場と会見を行うパターンが多い。紅白にも出たKARAですから、確実に質問は飛ぶでしょう。どう答えるかによっては今後の音楽活動を大きく左右しますし、所属のレコード会社にまで被害は及ぶ。昨年のフジテレビ騒動のようなデモの標的になりかねませんよ」と同事情通は語る。

 

自民関係者「韓流もK―POPも禁止」

民主は韓国大好き議員だらけ…

韓流ドラマが続々放送延期

関連タグ: