コロナ感染のユナク退院「たくさんの励ましの言葉に助けられた」

2020年05月15日 17時05分

ユナク

 新型コロナウイルスの感染を公表していた韓国出身のアイドルグループ「SUPERNOVA」(旧・超新星)のリーダー・ユナク(35)が15日、退院したことを発表した。

 ユナクは3月31日に韓国の医療機関で検査を受け、4月1日に感染が判明。その日のうちにソウル市内の病院に入院し、一時は重症患者に分類されていた。

 所属事務所は公式ホームページで「この度、約1か月以上に亘る入院治療を経て、本日5月15日(金)に退院をいたしました」と報告。ユナクホームページを通じ「この度は、ファンの皆さん、全ての関係者の方々にご迷惑とご心配をおかけして、誠に申し訳ございませんでした。おかげさまで、本日退院することができました。入院中は、たくさんの励ましの言葉に助けられ、強い気持ちで長期治療に臨むことができました。本当にありがとうございました」と感謝の意を示した。さらに「皆さんもどうぞお身体にはお気をつけてお過ごしください」とコメントしている。