国分太一 JYJユチョン薬物陽性反応に「潔白会見していたのに…」

2019年04月24日 10時15分

ユチョン

 24日放送のTBS系「ビビット」は、韓国の人気グループ「東方神起」の元メンバーで、現在「JYJ」のメンバーとして知られるパク・ユチョン(32)に薬物の陽性反応が出たことを特集した。

 番組では「韓国メディアが『ユチョンの脚の毛から薬物の陽性反応が出た』『韓国警察が逮捕状請求の手続きに入った』」と伝えた。ユチョンは16日、覚醒剤使用容疑で家宅捜索を受けた。今月4日に逮捕された元恋人の薬物事件に絡むもので、ユチョンは17日、警察当局に出頭した。毛髪と尿の任意提出にも応じ、簡易鑑定では陰性だった。当局は提出物を科学捜査研究所に送り、2~3週間後の正式な鑑定結果を待っていた。

 発端は、2017年4月にユチョンがいったんは「結婚する」と発表した大手乳業会社「南陽乳業」創業者の孫娘の“ミルク姫”ことファン・ハナ容疑者(31)の薬物使用容疑での逮捕だった。ファン容疑者が逮捕後「今年2~3月に芸能人の知人と覚醒剤を使用した」と供述したことから当局は交友関係を捜査していた。ユチョンは10日に緊急会見を開き「決して覚醒剤をしようしていない」と潔白を主張していた。3日間におよぶ事情聴取でも一貫して否定した。

 ユチョンの“裏切り”についてTOKIO・国分太一(44)は、「聴取を受ける前に完全否定の会見を行ったわけじゃないですか。国民の皆さんもユチョンさんの方を向いていた(信じていた)中で、陽性反応が出たってことで、僕は信じられない」とコメントした。