K―POP界のラーメンビジネス王「BIGBANG」V.Iの手腕

2018年08月13日 16時30分

日本初ソロツアーをスタートさせたV.I

 韓国の人気グループ「BIGBANG」の最年少メンバー、V.I(27)が12日、千葉・幕張メッセで初の日本ソロツアーの2日目を行った。

 約5年ぶりとなるソロアルバム「THE GREAT SEUNGRI」(9月5日発売)のリード曲「1.2.3!」を含め全27曲を日本語で披露。また、グループのヒット曲「MY HEAVEN」「FANTASTIC BABY」なども熱唱した。

 V.Iを除く4人のメンバーは入隊中。日本語が堪能なV.Iは「ソロだとMCでいっぱいしゃべっても誰も止めてくれない。どれだけしゃべっても『お前、うるさいな』『お前、話長い』とイジられない。さびしさを感じました」と心境を明かした。

 グループは日本デビュー10年目。V.Iは「BIGBANGは、日本のファンの皆さんにたくさんの愛をもらいました。これからはその愛を返す10年にしたい。5人としてカムバックするまで、(全員で)会えないけど、いいタイミングでカムバックする」と約束した。

 そんなV.Iといえば、ラーメン店のフランチャイズビジネスで大成功を収める実業家でもある。「日本のラーメンに魅了され、2016年にラーメンチェーン『アオリの神隠し』1号店をオープン。2年もしないうちに韓国を中心に日本、中国、マレーシアなど海外にも進出し、40店舗以上を展開している。ラーメンマニアで、日本全国の有名ラーメン店を食べ歩いて味を研究したようで、海外の店舗にもわざわざ日本のしょうゆを空輸して作っている。フランチャイズ全店舗の年商を合わせると、日本円で100億円規模と言われている」(音楽関係者)

 ラーメン店だけでなく、クラブやラウンジから人材派遣会社まで幅広く手掛けているV.I。K―POP界ナンバーワンの成功者となるかも。