【アニソン四半世紀】1か月ごとに構成メンバーを変えて毎月シングルCDを発売

2021年11月07日 10時00分

麻帆良学園中等部2―A「ハッピー☆マテリアル」ジャケット
麻帆良学園中等部2―A「ハッピー☆マテリアル」ジャケット

【麻帆良学園中等部2―A「ハッピー☆マテリアル」】

 2005年放送のアニメ「魔法先生ネギま!」で、半年間にわたってオープニングで流れたのが、この「ハッピー☆マテリアル」。アーティスト名義は麻帆良学園中等部2―Aとなっているが、実は1か月ごとに構成メンバーが変えられていた。2―Aのクラスには31人の女生徒が在籍していたのだが、これを出席番号順に数人ずつのユニット(1月は6人、以降は5人)に分け、シングルCDも毎月発売されたのだ。

 基本的にはどれも同じ曲ではあるが、メロディーは共通でもアレンジや2番の歌詞はユニットごとに少しずつ変えられている。また、最終回では31人全員が歌うバージョンが使用され、これもCDが発売されている。

 全員バージョンを合わせた7枚のシングルは、全てかなりのヒットを記録。オリコン週間チャートでは4月組と6月組の3位が最高で、2月組の11位以外はいずれもトップ10入りした。

 曲調はタイトル通り、とにかくハッピー感満載。元気を出すように“強制される”応援ソングにはどことなく抵抗を感じるのだが、この曲は自動的に、しかも問答無用でポジティブな気分になってしまう。コロナ禍で気分が沈みがちな今の時代にこそ聴かれるべき名曲だと思う。

 何バージョンもあると、とりあえず何月のものを聴いたら良いのか迷うかもしれないが、結論から言うとどれを聴いても同じくらい良い。好きな声優やキャラクターが在籍するユニットで選ぶか、さもなくば全部聴くかだ。ちなみに当時の私は、全部買いました…。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ