【カリスマ占い師ラブちゃん】華原朋美 52歳までにまた何らかの騒動が・・・地道に活動を

2021年09月24日 11時30分

華原朋美
華原朋美

【カリスマ占い師ラブちゃん ニュースな人の未来リーディング】

【華原朋美】歌手、タレント。1974年8月17日生まれ。東京都出身。92年高校3年生のときにスカウトされ、芸能界入りする。アイドル活動を経て95年に小室哲哉氏プロデュースで歌手デビュー。「I’m proud」「I BELIEVE」などミリオンセラーを連発する。小室氏とは公私ともにパートナーの関係だったが、98年に破局。その後、奇行や薬物依存が報じられ、芸能事務所から契約解除となるなどトラブル続出。さまざまな浮き沈みを経て、今年8月、現在の事務所社長との結婚を発表した。

【持っている星】「庚寅(かのえのとら)」。

【ラブちゃんの解説】「庚」は「鉱石」「岩」や「斧(おの)」を表します。「輝くためには磨かれなくてはならない」というのが人生のテーマになります。

【現状は?】華原さんは3歳、13歳、23歳、33歳…と運勢の切り替わりを迎えますが、13~22歳まで自身と同じ星を含む「庚午(かのえのうま)」が巡ってきており「寅午大半会(とらうまだいはんかい)」という星を形成します。意味は「火で鉱石が磨かれ、宝石になる」。小室さんがプロデュースした95~98年は、華原さんの21~23歳にあたり、まさに暗示通りに輝きました。ところが23歳以後「己巳(つちのとのみ)」が巡ってきて、人生が暗転します。「寅巳申の刑(とらみさるのけい)」を形成してしまい、心と現実が追いつかない状態でした。この星は「身体拘束」「逮捕」というキーワードもあるので、相当危うかったと言えます。

【未来は?】43歳から現在を含む52歳までは「天剋地冲(てんこくちちゅう)」という星にあるので、非常に注目を浴びやすい時期になります。ただ、それはポジティブに出ることもあれば、ネガティブに出ることもあるので注意が必要。今回ご結婚されたのはもちろん、ポジティブな出来事ですが、52歳までまだまだ続きます。自分の思い通りにならなかったりすると、再び何らかの騒動を起こす可能性も…。とにかく、浮足立つことなく、地道に活動することを心がけてください。

 ☆ラブ・ミー・ドゥー 10月11日、千葉県生まれ。愛称「ラブちゃん」。占星術、タロット占い、四柱推命、手相、風水、人相などを行う占い師。タレント。驚がくの的中率を誇り、芸能人やスポーツ選手からの信頼も厚い。新刊「幸せを運ぶ10の龍の育て方」(サイゾートカナブックス)が発売中。ブログは【https://ameblo.jp/lovemedo-goldenapple/】。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ