【いろもの伝】「ダチョウ倶楽部」心から尊敬する3人です!

2019年12月24日 10時00分

「ダチョウ倶楽部」

 この連載は今回でいったん最終回となりますので、最後は僕が心から尊敬する芸人についてお話ししましょう。「ダチョウ倶楽部」です。

 彼らは同じショーパブに出ていたので、売れる前からよく知っていました。売れたきっかけは「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」で、グイグイ前に出たことです。あの番組には芸人がたくさん出ていましたが、僕らも売れてる芸人も「たけしさんに振られた時に何も言えなかったら…」とおじけづいて尻込みしていました。でも彼らは違ったんです。

 積極的にたけしさんに絡んでいったのは、たけし軍団とダチョウ倶楽部ぐらい。ダチョウは何もなくても前に出て、「何もねえのかよ!」とツッコまれてました。この「目立って売れてやる!」という積極的な姿勢が道を開いたんですね。

 芸人が多数集まる番組収録で一緒になると、寺門が「みんな休憩してるけど、俺たちは他の人の芸も見て熱心だよな」と大声で言って、肥後ちゃんと竜ちゃんが「あいつイヤなヤツでしょ」と小声で言ってくるなんてこともよくあって(笑い)、でも寺門の「嫌われようとも努力する」姿勢も良かったんです。

 同じようなスタート地点にいて、後輩の彼らが売れ、僕らがあまり売れなかったのは、彼らのような「売れてやる!」という強い気持ちを持てず、前に出ることができなかったからです。それはいまだに思います。だから僕は、裏方として彼らの姿勢を見習ってやろうと頑張ってきました。

 正直、彼らより面白い芸人はたくさんいます。すごいなと思う芸人もいます。でも、心から頭が下がる気持ちになるのはダチョウ倶楽部だけです。後輩だけど、本当に尊敬している芸人です。

☆りっきー=1958年9月8日生まれ。京都府出身。本名・岡博之。81年に「ブッチャーブラザーズ」結成。サンミュージック初の所属芸人に。プロダクション人力舎に移籍後、92年に開校した東京初のお笑い専門学校「スクールJCA」講師を務めた。現在サンミュージック常務取締役。

【関連記事】