【紅白】白組勝利 司会の二宮が優勝旗受け取り「やりました!」

2018年01月01日 00時17分

「第68回NHK紅白歌合戦」(NHKホール)は、初めて単独で司会を務めた「嵐」の二宮和也(34)率いる白組が勝利し、3年ぶりの優勝。これで対戦成績は紅組31勝、白組37勝となった。

 二宮が優勝旗を受け取ろうとすると、嵐のリーダー・大野智(37)が奪おうとする。大野は嵐のライブで“強奪”を予告し、実行に移したが、松本潤(34)が止めた。

 笑顔で受け取った二宮は「やりました! 初めて持ちました、重たい!」と喜びを爆発させた。

 今年の「紅白歌合戦」には紅白合わせて46組が出場。紅組のトリは石川さゆり、大トリは白組のゆずが務めた。