キムタク&静香「紅白共演」プラン浮上

2012年10月21日 11時00分

 大みそかの「第63回NHK紅白歌合戦」の司会者が16日、同局から発表され、本紙既報通り人気アイドルグループ「嵐」と堀北真希(24)に決まった。そうなると次の焦点は出場歌手。目玉不足が叫ばれるなか、何と!ソロデビュー25周年を迎えた工藤静香(42)と「SMAP」木村拓哉(39)の“夫婦共演プラン”が急浮上しているという。本紙だけが知る紅白最新のマル秘情報を公開する。

「歌で会いたい」をテーマにした今年の紅白。本紙9月5日付スクープ通り、白組司会は「嵐」、紅組司会は朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のヒロイン・堀北が務めることとなった。総合司会は有働由美子アナウンサー(43)が務める。深紅のドレスで登壇した堀北は「朝ドラを応援してくださった皆さんとともに、笑顔で1年を締めくくりたいなと思います」と意気込みを語った。

 司会陣が決まったところで、残る興味は出場歌手だ。

“ももクロ”こと5人組グループの「ももいろクローバーZ」や“原宿のカリスマ”きゃりーぱみゅぱみゅ(19)、今年16年ぶりに再結成した女性ロックバンド「プリンセスプリンセス」の紅組出場が内定しているとはいえ、インパクトに欠ける印象はぬぐえない。

 そこで浮上しているのが、キムタク&静香の夫婦共演だ。SMAPで出場するキムタクはともかく、静香にとっても今年はソロデビュー25周年の大切な年。17日には“計算したかのように”約4年ぶりのシングル「キミがくれたもの」をリリース。人気歌手・絢香(24)がわざわざ楽曲を書き下ろしたというから、その気合のほどがうかがえる。このところ単独でのテレビ出演が増えた静香は、20日放送のNHKの音楽番組「SONGS」にも出演する。

「『SONGS』は紅白選考にも関わりがあるとされるだけに、今回は静香さんも本気では…と噂になっています」とは音楽関係者。ネックなのは、家庭的なイメージがつくことを嫌ってきたキムタク側がそれを受け入れるかどうかだ。

 芸能プロ幹部は「最近はコンサートツアーに静香さんと子供を招待するなど、以前より緩くはなっていますが、それでも大勢の人が視聴する紅白で夫婦共演というのはリスクが高い。難しいでしょうね」と話す。

 こうした“超荒業”がささやかれる背景には、目玉となる大物不在が挙げられる。ソロデビュー35周年を迎え「今年出ないでいつ出る?」と言われるほど、初出場の機運が高まっているシンガー・ソングライターの山下達郎(59)には例年以上の熱烈オファーを出しているが、感触はイマイチ。

「すでに1度断られたそうです。NHKと確執があるというわけではなく単に『大みそかは家でゆっくりするもの』という考えがあるとか。あとはどこまで粘り強く交渉できるかでしょうね」とは先の音楽関係者だ。

 山下の出演が難しいとなると…残る手立てはジャニーズ勢に頼るしかない。ここ数年、ジャニーズは「SMAP」「TOKIO」「嵐」「NYC boys」の4組と決まっていたが、今年は「関ジャニ∞」と「タッキー&翼」の出場もあり得る。

「10周年を迎えたタッキー&翼以上に、グループ結成8周年の関ジャニは何としても出したいらしく、事務所の幹部X女史が猛烈にプッシュしているそうです。その証拠に、関ジャニは毎年大みそかにカウントダウンライブを行うのですが、今年はまだ正式発表されていない。紅白に呼ばれてもいいように空けているのでは?と勘繰る声が上がるのは当然でしょう」(テレビ関係者)

 選考も佳境に入り、今年はどんなサプライズが待っているのか――。