「同棲愛」発覚した嵐・大野智 結婚へ高いハードル

2015年09月19日 06時00分

 TOKIO・国分太一(41)の結婚に沸くジャニーズ事務所に、またまたおめでたいニュースが飛び込んできた。18日発売の写真誌「フライデー」が嵐・大野智(34)の同棲愛を激写したのだ。三十路半ばの大野も果たして結婚までたどり着くことはできるか?

「フライデー」によると、大野のお相手はドラマ「ライフ」(フジテレビ系)や映画「リアル鬼ごっこ5」に出演した元女優で、西麻布のバーで働いていたところ、大野と知り合った。交際期間は約1年で、付き合ってすぐ同棲を開始したのだという。

 真剣交際をしているとなると、ゴールインする可能性は十分にありそうだ。なぜなら、国分が結婚発表した際、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(83)は「自分の責任で、適齢期になったら遠慮なくするべき」とアイドルの結婚について持論を口にしたからだ。

 11月に35歳となる大野は完全に適齢期と言えるだろう。むしろ適齢期を少し過ぎたぐらいだ。だが、国分と違って大野の前には高すぎるハードルが待ち受けている。

「やっぱり嵐はジャニーズ事務所の稼ぎ頭です。大野はいくら適齢期を迎えたとはいえ、そう簡単に結婚なんて許されないですよ」と芸能プロ関係者。それどころか、すでに破局は近いとの情報まで浮上している。

「事務所サイドが、別れさせたがっているのは確か。フライデーに撮られたことで大野を説得し、大野自身も別れを決めたという話もすでに出ている」と前出関係者。

 ジャニー喜多川社長の発言により、所属のアイドルが雪崩を打ったように結婚すると捉える人も多いだろうが、そう簡単にはいかないだろう。