“放送事故騒動”関ジャニ・渋谷すばるの反省文に世間の反応は?

2015年02月25日 16時00分

 14日に生出演したテレビ番組でのぶっきらぼうな態度が批判を呼んだジャニーズの人気グループ関ジャニ∞の渋谷すばる(33)が24日、都内で行われた主演映画「味園ユニバース」の大ヒット記念舞台あいさつに登場。反省の意をつづった書面を報道陣に配った。

 文面は具体的な事実に言及していないが、14日の件を示唆したものとみられる。映画のイベントを取材に訪れた記者たちに、別件に関わるメッセージを文書にして配布するのは異例のことだろう。

 渋谷の態度が批判を呼んだことは18日付の本紙で既報。当時は伝えなかった各メディアも、今回の反省文は大々的に報じた。ネット上でも流れた書面は、映画のヒットに対する感謝の言葉で始まり、後半から反省の言葉が連なる。

「未熟な為に皆様にご迷惑をおかけすることが多々ありましたが、今後は改めるところをしっかりと改め、大人として、プロとして表に立つ人間として恥ずかしくない行動をとっていきます」

 決意表明でもあるこの文書を渋谷に出させた原因が、14日の「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系)で見せた態度であることは明らか。同日は映画の公開日で、その宣伝も兼ねて共演者の二階堂ふみ(20)と出演した。

 番組中、クイズの解答に10秒間も沈黙を続けたり、正答が示されても特別なリアクションがない。「放送事故か」との疑問を視聴者に与え、スタジオ外からの放送ではフードをかぶり首をすくめた姿勢を保った。司会者ともかみ合わず、ネット上では「あの不機嫌はなに? 朝から不機嫌になった」などと批判の嵐が起こった。

 渋谷が不機嫌だったわけではなく、いわば“ありのまま”の姿で悪気はなかったことも本紙は報じたが、さすがに本人もジャニーズ事務所もフォローが必要だと思ったのか。ツイッターでは「偉い」などと好意的なツイートが寄せられている。