岡田准一が主演映画のアクションに納得 共演の安藤政信も「師匠」と呼び弟子入り

2021年05月26日 18時50分

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」の主演を務めた岡田准一

 V6の岡田准一が26日、都内で行われた主演映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」(6月18日公開予定)の公開直前プレミアイベントに参加した。

 2019年に公開された「ザ・ファブル」の最新作。「普通の生活」を送ろうと奮闘する、殺し屋休業中のファブル改め、佐藤アキラ(岡田)が極悪非道な男たちとのバトルを描くアクションストーリーだ。

「一作目を超えないといけない」という思いから、岡田がファイトコレオグラファーとしてアクションシーンを作り出していった。映画の冒頭部分での堤真一とのカーアクションには「リベンジを果たせた」と満足げな表情を見せた。以前、堤と共演した作品では道路交通法の壁があり、「CGを使うシーンもあった」という。ただ、今回は立体駐車場という私有地での撮影とあって、「道路交通法とコンプライアンス遵守を両立させながら、いいものができた」と語った。それでも「道路交通法は大切」と付け加えることも忘れなかった。

 岡田のアクションに対する取り組みは共演者も「師匠」と呼ぶほど。共演した安藤政信は「岡田のアクションはすごい。ボクも指導されて、最初は何で指導されなきゃいけないのと思ったけど、岡田の動き、アクションの考え方というか哲学に触れて、すぐ『弟子にしてください』といった」という。

 また、相棒役の木村文乃も「3か月くらい前からアクションの練習をした」そうだが、「アクションは殴る蹴るだけではない。対話なんだと(岡田に)教えてもらった」と語った。

関連タグ: