不仲説一掃なのか… 山下智久が “元相棒” 亀梨和也に「いいね」した意味

2021年03月10日 05時15分

山Pの胸中は…

 昨年10月にジャニーズ事務所を退所した山下智久(35)が「KAT―TUN」亀梨和也(35)のインスタグラムに「いいね」を送っていたことが明らかになった。「亀と山P」として活動予定だったが、山下の退所によりアルバムが発売中止になったりしたことで〝不仲説〟が出ていた。それを払しょくする「いいね」となった。


 山下と亀梨はユニット「亀と山P」を組んで昨年春にアルバム「SI」をリリース、さらにツアーも予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。結局、山下が退所したことで、アルバムは世に出ることなくお蔵入りなってしまった。

 芸能関係者は「アルバムには亀梨もかなり力を入れていた。それだけに突然、退所を選んだ山下には怒り心頭で、2人は不仲になったと伝えられていた」

 ジャニーズと元ジャニーズ――もはや決して交わることはないとファンも諦めていたが、意外なところでつながっていた。それは亀梨主演で現在放送中のドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系)の番組公式インスタだ。

 先月23日に誕生日を迎えた亀梨が、ドラマの撮影現場で、松下奈緒やシシド・カフカ、SixTONESの松村北斗ら共演者からお祝いされるショットが公開された。「出演者&スタッフ一同から座長への熱い想いの詰まった色紙もプレゼント」というコメントに、幸せそうな笑みを見せる亀梨の姿には約5万人以上から「いいね」が集まっていた。

 その中の一人が、山下だという。「『tomo.y9』というのが山下のインスタのアカウントなんですが、その名前がしっかりと『いいね』のところにあったんです。山下が退所してから、2人の口からそれぞれの話が出ることはなかったから、すごい意外です」(前同)

 2人は2005年に放送されたドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)で共演した際、ユニット「修二と彰」を結成し、大ブームを巻き起こした。

「山下といえば元KAT―TUNの赤西仁率いる赤西軍団のメンバーという印象が強いですが、それ以上に私生活では亀梨と一緒に過ごすことが多かったとか。赤西とはすっかり疎遠になってしまいましたが、亀梨とは深いところでつながっているようで、不仲なんてことはないのでしょう」(テレビ局関係者)

 いまはそれぞれ別の道を歩んでいるため、確かに実現は難しいかもしれない。それでもファンは「亀と山P」としての活動を願ってやまない。「お蔵入りになったアルバム『SI』がリリースされることをファンは望んでいる。難しいだろうが、これを機に話が進んでくれればいいのだが」(前出芸能関係者)

 ファンの思いが届く日は来るか。

関連タグ: