V6井ノ原 4月に「特捜9」新シーズンもくすぶる火種…2年前にリストラ報道

2021年02月27日 05時15分

ジャニーズ事務所

 不穏な船出になりそうだ。「V6」井ノ原快彦(44)が主演するテレビ朝日系刑事ドラマシリーズ「特捜9 シーズン4」が、4月から始まることが本紙の取材で分かった。同作はこれまで、スタッフがリストラされたことで撮影現場で〝不協和音〟が起きたと一部週刊誌などで報じられてきた。そうしたなか何とかシリーズ第4弾にこぎつけたが、火種はくすぶり続けている――。

 井ノ原が主演する「特捜9」が、4月から水曜午後9時枠で始まることが分かった。

「新型コロナウイルス禍による撮影の遅れを考慮して、スケジュールが前倒しされ、今月に入ってクランクインしたと聞いています」(関係者)

 井ノ原は警視庁捜査一課特別捜査班のリーダー役。女優の羽田美智子、俳優の津田寛治、吹越満ら特捜班刑事とともに事件を解決してきた。

 視聴率は手堅い。故渡瀬恒彦さん(享年72)が主演した「警視庁捜査一課9係」のバトンを受け継ぐ形で2018年にスタート。平均視聴率は14・0%をマークした。19年のシーズン2は13・0%、20年のシーズン3は13・9%と安定した数字を残している。

「シーズン3までずっと水曜午後9時枠。シーズン4も同じ枠に収まります」とは同関係者。井ノ原が狙うのは長期シリーズ化だ。

 同局系の刑事モノでは、水谷豊主演の「相棒」が02年から始まってシーズン19まで続いている。さらに沢口靖子主演の「科捜研の女」は、1999年に始まってシーズン20まで継続中。こうした長寿ドラマに続きたい思いがあるというのだ。

 ただ、現場では早くも暗雲が漂っている。「特捜9」をめぐっては19、20年に一部週刊誌で、撮影現場の〝不協和音〟が伝えられた。

 報道によれば19年のシーズン2で、制作陣の若返りを図るためにベテランスタッフ数人をリストラ。このテコ入れは、井ノ原が所属するジャニーズ事務所が要望したとの物騒な情報もある。

 いずれにせよこのリストラによって、撮影現場で不穏な空気が流れるようになったそう。これを知った井ノ原が困惑の表情を浮かべたこともあったという。

 特に、特捜班刑事役の津田はリストラに納得できず、昨年のシーズン3をもって卒業したとの情報もある。これが事実であれば、シーズン4に津田の名はなくなることになるが…。

「何とかシリーズが継続されることになって安どの声が出ていますが、撮影現場では火種がいまだにくすぶり続け、例年以上にピリピリしているようです」(同)

 井ノ原は乗り越えることができるか。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

関連タグ: