櫻井翔が「ペットは飼わない」と決意した切ないエピソード明かす

2021年01月16日 22時19分

櫻井と相葉が番組共演

 嵐の櫻井翔(38)が、16日に放送された相葉雅紀の冠番組「I LOVE みんなの動物園」(日本テレビ系)に出演した。

 番組では相葉が櫻井に見せたいものとして、宮古島にある動物保護施設に案内。「天才!志村どうぶつ園」(同)に出演していた時から保護犬のトリミングを行ってきた相葉は今回、櫻井とともにトリミングを行った。

 相葉が動物に触れ合う姿をテレビでしか見たことがなかったという櫻井は「本当尊敬してる。テレビ見ててビックリする。トリミングしたり、魚さばいたりとかさ。マジで週末の相葉雅紀すごいなって」と感心した様子だった。

 これまで動物と触れ合う機会が少なかったという櫻井は「4歳くらいの時まで、じいちゃんばあちゃんの家に犬がいて、よく遊んでいた。亡くなってしまった時に『また犬を飼いたい』と頼み込んで飼ってもらったけれど、祖父母とは一緒に住んでなかったこともあり、そんなに面倒を見れなかった」と回想。

 続けて「祖父母も高齢だったから頻繁に散歩もできなくて、犬は家の敷地内からあまり出ることなく、結果亡くなった。それがあったから動物飼っちゃいけないんだろうなって思ってる」と幼少期のエピソードを明かした。