NEWS加藤シゲアキが山Pにエール この1年振り返り「楽ではなかったが…」

2020年11月22日 05時15分

激動の1年を振り返った加藤

 NEWSの加藤シゲアキ(33)が、小説家として今思うことは…?

 21日に都内で新作小説「オルタネート」の刊行記念トークイベントを開催。ジャニーズ事務所を旅立った元NEWSのメンバーについて語った。

 6月には手越祐也がグループを脱退し、独立。元メンバーの山下智久は、ハリウッド映画などの出演オファーを受け、10月末にジャニーズ事務所を退所した。

 かつてNEWSとして一緒に活動した山下の突然の退所に、加藤は「驚きましたが、それぞれの人生で、心から応援しています」とエールを送った。

 続けて「楽ではない厳しい道のりを本人が選んだので。僕も小説界に初めて挑戦した時は、どうなるのか分からなかったけど、こうやって続けさせていただき、真摯に取り組んだ結果かなと。自分で言うのもせんえつですけど…」とコメントした。

 加藤は2011年に小説家デビュー。くしくも同年に山下、錦戸亮がNEWSから脱退している。小説家デビュー当時を振り返り「その時も、メンバーがいなくなったころでした…。僕もちょっとデジャブかなと思いました!」と笑わせた。

 また、この1年について「一筋縄ではいかない年でした。でも、自分を見つめ直す機会になって。書くことでは自分の作品を読み直し、NEWSとして活動ができなくなった時には悔しいと感じて。楽ではなかったが大事なものが見えた1年でした」と振り返った。

 同作は「小説新潮」1月号から連載をスタート、9月号で最終回を迎えた。架空の高校生限定のマッチングアプリをテーマに男女の恋模様が描かれている。