〝愚か者不倫〟近藤真彦はケジメるか 知られざるタッキーとの関係性

2020年11月15日 05時15分

激震続きのジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所の〝長男〟近藤真彦(56)の不倫報道が波紋を広げている。

 発売中の「週刊文春」によれば、近藤は2015年3月、25歳年下のAさんと知り合い、当時同棲していた男性から〝略奪〟したという。

 この手の展開になると、キーマンとして名前が挙がるのが「タッキー」こと滝沢秀明氏(38)だ。ジャニーズ事務所の副社長で、社内の〝風紀委員長〟の呼び声高い。

「スキャンダルが起きるとタッキーが処分を決めるような流れになっているのは気の毒。彼はジュニアの育成と売り込みに大忙しで、そこまで手が回りませんよ。マッチに関しては〝雲の上の存在〟で、注意すらできないと思います」とはテレビ関係者。

 昨年7月に他界したジャニー喜多川さん(享年87)はタッキーを後継指名した。この時、少なからず近藤はショックを受けた。17年の雑誌「SPA!」で「存在としては(自分が)ジャニーさんの後継ぎかもしれません」と述べているように、後継者は自分だと思い込んでいたからだ。近藤とホームパーティーで複数回一緒になった人物が明かす。

「ジャニーさんが自分を指名しなかったのは、副社長という看板を背負ったタッキーを、うしろで自分が支えろというメッセージなんだと解釈していました。近藤さんは『自分が動きやすいようにやってくれたんだと思っている』と述べ、ジャニーさんに『ありがとう』と感謝の言葉を並べていました」

 ポジティブシンキングのようにも映るが、同席した人物はしみじみ語る近藤の姿を見て「やっぱりマッチは別格なんだ」「事務所のトップなんだ」と認識したという。

 そうしたなか飛び出した今回の不倫報道。タッキーを後方支援するべき人間が〝文春砲〟を率先して被弾したのだからバツが悪い。

 天国のジャニーさんから「ケジメなさい」と言われてもおかしくはない――。