ジャニーズ年内退所の錦織が〝コメを担いで〟東京・世田谷に出没情報

2020年09月22日 13時53分

ジャニーズ事務所

 年内でジャニーズ事務所を退所する3人組グループ「少年隊」のニッキこと錦織一清(55)は〝農業タレント〟に転身か?

 錦織と植草克秀(54)の退所はファンに大きな衝撃をもって受け止められた。

 2008年の少年隊主演ミュージカル「PLAYZONE」を最後にグループとしての活動はなかったが、その間、植草は俳優として活動の幅を広げた。一方、錦織は舞台演出など裏方として、新たなスターを育てる〝人材育成〟の仕事に力を注いでいた。

 そんな錦織は最近、意外な姿が目撃された。東京・世田谷に、農作業着姿で出没したというのだ。少年隊のステージ衣装からはかけ離れたイメージだが、目撃したアラフィフ男性サラリーマンは「本当にびっくりしました。あのニッキがベージュの農作業着姿で、頭には白いタオルをハチマキにして巻いていたんですからね」と振り返る。

 これが畑や田んぼならばそこまで驚かないが、現れたのは意外すぎる場所だった。「平日午後の人けが少ない、ゴルフの打ちっぱなしクラブですよ。ニッキが農作業着姿で現れたのもびっくりですし、しかも30キロサイズのコメ袋を肩に担いでいた。小脇には野菜を抱えていました。おそらく、作業帰りにゴルフ練習に来たんだと思います。でも、やっぱり少年隊のニッキですね。何を着ても、めちゃくちゃ格好良かったです」(前同)

 どうやら、最近の錦織のキーワードは人材や作物を「育てる」ということなのだろう。錦織が育てた「ニッキ米」の味も気になるところだ。

 退所するとはいえ、決してケンカ別れではないだけに、農業などに取り組んでいるジャニーズの後輩グループ「TOKIO」のテレビ番組「鉄腕DASH」への出演もある!?