〝チャンカパーナだけ踊らない男〟上田竜也がバズってファン歓喜「時は来た」

2020年09月19日 11時00分

ジャニーズ事務所

「上田がアクセスランキング1位になるなんて!」
 
 KAT―TUN・上田竜也(36)の時代が到来だ。

 発端は12日放送の音楽番組「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)。ジャニーズシャッフルコーナーで、上田は「NEWS」の「チャンカパーナ」を踊らず、1人ポケットに手を突っ込んで、カメラに向かってメンチを切った。

 これが大反響で、本紙は上田を〝チャンカパーナだけ踊らない男〟と命名。ネット上では「NEWSの歌をうたいたくないのか?」といったものから、上田の立ち位置が手越祐也のポジションだったことから「手越のことが嫌いなのか?」など、様々な憶測が飛び交った。

 ジャニーズもこの流れに乗っかった。16日のミュージカル「Endless SHOCK―Eternal―」で、〝座長〟の堂本光一が「チャンカパーナ、ちゃんと踊れよ。オレはその方がいいと思うぞ」とイジると、上田は「じゃあ、ボク、チャンカパーナの練習してきます」と返し、会場では大きな笑いが起きた。

 問題児だらけのKAT―TUNで、イマイチ存在感の薄かった上田。バラエティー番組では警察の「職質が止まらない」と告白するなど危険な雰囲気を醸し出していたが、元メンバーには本当に警察のお世話になった者もいる。

 そんな上田がついに〝新キャラ〟を確立。これを喜んだのは、ほかでもない上田のファンだ。40代女性は「こんなに上田くんが話題になるのは初めて。ついにこの日が来た」。

 30代女性も「見つかっちゃったか~。ホント、いいキャラしてるんですよ」と嬉しそうだ。

 次の上田のパフォーマンスはいつになるのか。当分目が離せない。