亀梨和也 山Pと同席し〝もらい事故〟 ファンが注目した意外な部分とは…

2020年08月12日 17時01分

山P退所加速を伝える8日発行本紙一面

〝未成年スキャンダル〟が発覚した山Pこと山下智久(35)の巻き添えを食らったのがKAT‐TUNの亀梨和也(34)だ。

「文春オンライン」によると、亀梨は山下と共に港区のバーで午前4時過ぎまで、共通の知人を交えて飲み会を楽しんでいた。そこに現役女子高生モデルがいたため大騒動に…。

 テレビ局関係者によると「ジャニーズ側は店長の紹介で店にいた客と食事をしたことは認めていますが、未成年という認識はなかったとしています。女性側から年齢を偽ったと謝罪があったこともあり、(亀梨の)処分はないといわれている」という。

 ジャニーズ内で厳しい処分をするべきという声もなかったわけではないそうだが、亀梨は10日の「Going!Sports&News」(日本テレビ系)に普段と変わらない様子で出演した。

 同関係者は「出演しないのでは?という憶測もあったので、番組に出てきた時には『亀梨』がネットのトレンドワード入りした」と話す。

 そんな亀梨だが、今回の報道では意外な部分で注目を集めている。それはズバリ、手に持っていたバッグだ。茶色を基調としたもので、これはグッチとコム・デ・ギャルソンの2大ブランドがコラボして作ったバッグだという。

 2018年に作られたもので、クラフト紙を使用したコム・デ・ギャルソンのロゴ入りトートバッグをベースに、グッチを象徴するグリーン・レッド・グリーンの「ウェブストライプ」を入れた夢のコラボ商品だ。

 ファッション業界関係者は「当時かなり注目を浴びていたバッグで、ファンの間では『改めて見るとカッコいい』『買っておけばよかった』といった声が上がっています」。

 そんなバッグを普段使いしている亀梨はジャニーズきっての「おしゃれ番長」で知られる。

「私服はダサいといわれる芸能人も少なくない中、亀梨は過去にベストジーニストで殿堂入りするほど、意識が高い。身に着けているアクセサリーが注目されたこともあります。今回持っていたトートバッグを見ても、亀梨のファッションセンスが光りますね」(同)

 スキャンダルの目くらましになったようだ。