ジャニーズ内で「アクション」巡ってキムタクとV6・岡田の派閥誕生

2020年06月04日 17時00分

ジャニーズ事務所

 元SMAPの木村拓哉が3日、インスタグラムを更新し、主演するテレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」の撮影再開を報告した。フェースガード姿で「これが当たり前!! そう自分に言い聞かせて、作業しています……」とメッセージを添えた。そんな木村にある芸能関係者は「前回の『BG』がきっかけでブラジリアン柔術にハマったんです。今回は約2年間で鍛え上げたキレキレのアクションが見どころの一つとも言われています」。

 ドラマや映画の大きな見どころの一つといえるアクションシーン。そのアクションを巡ってジャニーズ事務所内に2大派閥が誕生している。

 一つは木村を中心とした“木村グループ”。KAT-TUNの亀梨和也、Kis-My-Ft2の玉森裕太、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧、Sexy Zoneの中島健人らが熱心に顔を出しているという。

「“木村グループ”は、ブラジリアン柔術と剣道を取り入れたアクションを完成させた。初心者がアクションをやる場合、犯しがちなミスや、心構えなどにポイントを置いています」(芸能プロ関係者)

 もう一つはV6の岡田准一を師と仰ぐ“岡田党”だ。生田斗真や嵐の櫻井翔、King&Princeの平野紫耀らが、時間を見つけては集まりに参加しているという。

「師と仰がれる岡田はジークンドー、USA修斗など格闘技をマスターしている。そればかりか師範代免許まで所有しているんです。岡田の格闘技の腕は演技を超え、もはや本物なんです」(同関係者)

 現在、ジャニーズの若手タレントらはこうした先輩が立ち上げたグループに参入し、アクションシーンについて自主的に学んでいるという。

 前出の関係者は「『BG』もそうですが、中島と平野がダブル主演する『未満警察』(日本テレビ系で27日にスタートの予定)も2人の師匠のおかげでアクションが完璧。アクションシーン満載だそうです」。

 師匠と弟子のアクション対決も見どころとなりそうだ。