キムタク&静香の夫婦円満アピールでSMAP再結成100%消滅?

2020年06月03日 11時00分

工藤静香

 元SMAPの木村拓哉(47)のインスタグラムが開設1か月弱でフォロワー200万人を突破した。だが、そこで公開した妻・工藤静香(50)への母の日のお祝いに波紋が広がっている。最近になって突然、家族の姿や“パパ的な発信”をし始めた木村。この心境の変化が、実はいまだに待望論がやまない「SMAP再結成」に、大きな暗い影を落としていると関係者は見ている。どういうことか――。

 木村が母の日の5月10日に「『happy Mother’s day!』拓哉」という言葉とともに、インスタにあげた写真は青いカーネーションの花。長女でモデルのCocomiと次女Koki,にとっては母である妻・静香への感謝の気持ちを示したものだった。

 さかのぼること1か月、4月14日の工藤の誕生日には、中国版SNSの「ウェイボー」で「happy birthday!」の言葉とともに、若いころのツーショット写真を投稿していた。

 また、4月末の写真週刊誌「フラッシュ」では、木村夫妻が仲むつまじく2匹の犬を散歩させる姿が報じられ話題を呼び、さらに5月下旬の「フライデー」でも、2人で都内の動物病院に行く姿が報じられた。

 これまで“家庭のニオイ”を一切感じさせなかった木村の変化ぶりには、ファンも驚き様々な反応を見せている。

 ある音楽関係者は「サングラスにマスクでも一目見てキムタクと分かる姿で堂々と2人で歩いている姿を見せたのはビックリ。今まで木村は散歩の時にも細心の注意をして、決して工藤と2人で出かけることはなかったため、どうした心境の変化かと話題になっているんですよ」という。
 3月にCocomiがデビューした際もCocomiとKoki,のツーショット写真を公開し「go FLY! my ANGELS!」と投稿し、話題になった。
 ある映画関係者は、こんな舞台裏を明かす。

「キムタクの変化は2人の娘のためともいわれています。CocomiとKoki,は、将来的に海外を拠点にモデルで活躍したい意向があるといわれていますが、海外では夫婦円満、家庭円満は、起用する側が重視する大事なポイントの一つなんです」

 同時に別の影響ももたらすとも。「キムタクの変化は、自身がアイドル路線や女性人気のイケメン俳優路線を捨て、完全に実力派の個性派俳優を目指す決意の表れともいわれています」(同)

 大物俳優となったキムタクだが、アイドルの顔に終止符を打つとなると、さらに別の意味も出てくる。

「アイドルをやめるということは、すなわちSMAPの再結成が完全になくなったことの証拠ともとれる。SMAPはアイドルの象徴でしたし、木村もそれを百も承知で、工藤との夫婦ツーショットを公開したのでしょう。彼なりに決意をして“噂されるSMAP再結成はもうない”と、ファンや業界関係者に伝えたかったのではないかとみられています」(同関係者)

 新型コロナで日本中が不安になっている中、SMAP元メンバーの再集結を望む声は多いが、キムタクの行動は逆行する形だ。

「中居正広、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の4人は、当初、SMAPが木村を含めてジャニーズ事務所から独立しようとした際、木村の後ろで静香が大反対したといまだに思っており、深い確執があるとされている」(芸能事情通)

 2016年の解散後も、そんな思いを抱えたままの4人は、木村の夫婦仲むつまじい姿の“公開”をどうとらえるか。

「中居も3月末でジャニーズ事務所を独立し、1年延期となった東京五輪でSMAP再結成という機運も生まれていた矢先だっただけに、木村の独断行動には頭にきているメンバーもいるようです。しかし、これで100%再結成はなくなったと思いますね」(同)

 ファン待望の「SMAP再結成」は極めて難しくなったようだ。