キムタクが中国版SNSで公開 妻・静香とのツーショットに賛否の声

2020年04月15日 17時00分

ジャニーズ事務所

 元SMAPの木村拓哉が、妻・工藤静香の50歳の誕生日となる14日になる直前、中国版SNSの「微博(ウェイボー)」を更新。「happy birthday!!」のコメント付きで、笑顔の木村が、静香の頬を手でつかんでいる貴重な夫婦ショットを投稿した。

 木村だけでなく、愛娘で長女のCocomiとKoki,もインスタグラムに幼少期の母子ショットをそれぞれ投稿。一家そろって静香の誕生日を祝った。これらの投稿には、多くの「いいね!」が付いたなどと祝福ムードで報じられた。

 木村と静香のツーショットは、いままで公になることはほとんどなかった。芸能関係者は「これまでのジャニーズ事務所はファン層が女性ということで、所属タレントが家庭の色を見せることはあまりなかった。タレント同士の結婚でも、芸能人の妻との共演はもちろんないし、妻がしゃしゃり出てくることもない。やはり家庭の色が見えてしまえば夫の人気に影響しかねないことを理解している」という。

 今回のツーショット公開は、その流れを大きく逸脱する。「いまのジャニーズは“キムタクファースト”と言われる。キムタクがやることに、文句は言わないとさえ言われる。間違ったことはしないという信頼があるんでしょう」(同)

 ただ疑問の声も少なくない。ある芸能プロ関係者は「木村に妻子がいることを知らない人はいない。でも『見たくなかった』『現実を見せつけられると萎える』というファンは少なくない。まして静香は、SMAPファンからあまり好意的にみられてませんからね。木村もこれまで良い流れで来ていただけあって、次のドラマに影響しなければいいですが」と危惧する。

 木村が主演するテレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」は延期のためまだスタートしていないが、視聴率に影響するかもしれない。