未成年飲酒のSnow Man岩本照「活動自粛」タッキーが“鬼の決断”

2020年03月30日 17時00分

ジャニーズ事務所

 ラブホテルで合コンし、参加した未成年女性が飲酒していたと「フライデー」に報じられていたアイドルグループ「Snow Man」のリーダー、岩本照(26)について、ジャニーズ事務所が30日、岩本を一定期間の芸能活動自粛とする処分を発表した。

 同事務所のサイトの発表によると、報じられたジャニーズJr.時代の2017年11月の男女10人の合コンについて、岩本は「未成年女性が同席していた認識はなかった」としたが、この酒席に参加したことを事実と認めたという。

 岩本は「この期間を通じて、タレントとして活動することができるのは多くの方々のご支援によるものであるということに改めて感謝しながら、自分の立場や環境に対する理解を深めることによって、社会人として信頼していただくことができる人間へと成長できるよう、努めてまいります」とのコメントを発表した。

 同事務所は、処分は「岩本自身により深い反省を促すため」とし、事務所としては「結果的にタレントとして、社会人としての指導と監督が行き届いていなかった。特にジャニーズJr.につきましては、保護者との連携の強化なども課題に加え、芸能活動をする上で、社会人として世に出ていく前段階での指導が重要であると認識しております。これを機により一層気を引き締めて改善に努めてまいります」とした。

「Snow Man」は1月にデビューしたばかりの9人組。本紙既報通り、滝沢秀明副社長の“肝いりグループ”といわれ、岩本の処分が注目されていた。

「滝沢副社長としては、罰したくてもデビューしたばかりのグループに傷がつきかねない。そうかといってスルーしては他のタレントの手前、示しがつかないということでその手腕が問われた。結局、昨年9月に、ベッド写真がネットに流出したJr.内グループ『HiHi Jets』の橋本涼、作間龍斗を年内活動自粛処分としたのと同レベルの厳しい決断をした形」と芸能プロ関係者はみている。