ジャニーさん「入院中にもミラクル」タレントが呼びかけると危機脱出

2019年07月10日 17時00分

ジャニー喜多川さん

 ジャニーズ事務所は9日夜、マスコミ各社に送信した文書で「2019年7月9日午後4時47分、都内病院におきまして、ジャニー喜多川は、永眠いたしました。享年87歳、死因は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血でございます」と発表した。

 ジャニーさんは6月18日に救急搬送され、そのまま入院した。

「病院のご協力もあり、ジャニーは、自身にとって子供のような存在でございますタレントやJr.との面会を果たすことができました」。さらに「片時もジャニーが寂しい思いをしないよう、仕事の合間を縫ってタレント達は入れ替わり立ち替わり病室を訪れました。ジャニーの好物を皆で賑やかに食べることが日課となり、その光景と匂いからまるで稽古場にいるかのような感覚を覚え、皆、懐かしい記憶がよみがえりました」。

 入院中に危険な状態になることもあったが、「タレント達が呼びかけ、体を摩るたびに危機を脱することができました。タレント達と過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事を繰り返し目の当たりにし、改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供達との絆の強さを感じました」。

 通夜、告別式については「ジャニーの子供でございますタレント達とJr.のみで執り行う家族葬とさせていただきますので、何卒ご理解賜りたく存じます」としているが、「これまでお世話になりました皆様にはお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます」と後日、お別れの会を開く予定だという。