ジャニー喜多川社長は解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血「必死に頑張っております」

2019年07月01日 15時01分

ジャニー喜多川社長

 ジャニーズ事務所は先月18日に都内の病院に救急搬送されたジャニー喜多川社長(87)の容体について1日、マスコミ宛てファクスで「くも膜下出血」と発表した。

 それによるとジャニー氏は6月18日午前11時30分ごろ、体調の異変を訴え救急搬送され、現在も入院中。病名は「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」と明かした。

 事務所側は「所属タレント達は、ジャニーを元気づけたいという思いから、日々、病室を訪れておりますが、この面会が叶っておりますのも病院関係者の皆様のご尽力によるものと、心より感謝いたしております」と説明。

「皆様にはご心配をおかけいたしまして誠に恐れ入りますが、今もジャニーは必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解くださいますと幸甚に存じます」と治療に専念する方針だ。

 そのため「大変恐縮ではございますが、個別のお問い合せ、取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。また、決して、病院や一般の患者様、近隣の皆様のご迷惑となるような行為はお止めいただきますよう、重ねてお願い申し上げます」と呼びかけた。