田口淳之介被告が改めて謝罪 信頼回復へ「懸命に努力をして参る所存」

2019年06月10日 21時26分

田口淳之介被告

 大麻取締法違反(所持)で逮捕・起訴されたアイドルグループ「KAT‐TUN」の元メンバー、田口淳之介被告(33)が10日、公式サイトにライブツアー2019「COSMOS CITY」の中止に伴い、直筆の署名を入れた謝罪文を掲載した。以下全文(原文ママ)。

急啓

令和元年5月22日、弊社代表取締役を務める私、田口淳之介が検挙されましたことで、皆様方に対し多大なるご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

今後、しばらくの間、私自身の芸能活動を休止させて頂きます。それに伴い、誠に勝手ではございますが、予定しておりました田口淳之介ライブツアー2019「COSMOS CITY」については中止させて頂きたいと存じます。

活動休止中におきましては、罪を償いしっかりと更正することで、一日も早く皆様方のご信頼を取り戻せるよう懸命に努力をして参る所存です。皆様方におかれましては更なるご指導ご鞭撻を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、芸能事務所である弊社代表の立場と致しましても、今後は法令順守に取り組み、このようなことが二度と起こらないよう適切な体制を構築し、皆様方からの信頼回復に努めて参る所存です。

甚だ簡単ではございますが、弊社としての誠意をお伝え致しますと共に、代表である私田口淳之介個人と致しましても伏してお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。

草々

令和元年6月10日
株式会社Immortal

代表取締役
田口淳之介

関連タグ: