KAT‐TUN中丸 田口容疑者逮捕に「擁護する点はひとつもない」

2019年05月27日 11時08分

田口容疑者

 KAT‐TUNの中丸雄一(35)が26日、日本テレビ系「シューイチ」に出演。大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元メンバー・田口淳之介容疑者(33)について「擁護する点はひとつもない」と話した。

 同番組では田口容疑者と小嶺麗奈容疑者(38)の供述などを伝えた。意見を求められた中丸は「心底残念ですし、ひっくり返りましたね」とコメント。「元メンバーなんで、最後まで信じたかったですけれども、使用の供述もあるということなので、擁護する点はひとつもないのかなと思いますね」とバッサリ。

「グループを抜けるというタイミングであれだけ話して、彼も相当悩んでいた。それで出した決断だから、僕もいろいろな感情はありましたけど、彼の人生だからと受け入れて、送り出したつもりなんですけど」と無念の表情を見せた。さらに「今の田口のファンは当たり前ですけど、KAT‐TUNだったころのファンの人たちも裏切る行為だということを、彼は分かっていてやったのか聞いてみたい」と語りかけた。

 また、移送の際に表情から“ほほ笑み”と報じられたことについて「学生時代から知っているものとして、カメラを向けられると口角を上げるクセがある。表情に関しては深い意味はなくて、そのクセが出ている」と説明した。

 東山紀之(52)がMCを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」も田口容疑者逮捕を伝えた。「彼は自分の夢をかなえるためにソロになったはずなんですけど…。容疑者として伝えるのは悲しいですね」と話した。