「NEWS23」小川彩佳アナ 元カレ・櫻井翔と報道番組で“ガチンコ対決”

2019年05月09日 11時00分

「NEWS23」のメインキャスターに就任する小川彩佳アナ

 TBSは7日、公式サイトで、4月5日付でテレビ朝日を退社した小川彩佳アナウンサー(34)が、6月3日から報道番組「NEWS23」のメインキャスターに就任すると発表した。注目されるのは、真裏で放送されている日本テレビ系「news zero」の月曜キャスターを、小川アナの“元カレ”であるアイドルグループ「嵐」の櫻井翔(37)が務めていること。月曜午後11時の報道番組で、まさかの“元カレ対元カノのガチンコ対決”がいきなり小川アナの同番組デビュー日に実現することになったのだ!

 小川アナはテレ朝の報道番組「報道ステーション」で7年半にわたってサブキャスターを務めたが昨年9月、元テレ朝の徳永有美アナのメインキャスター就任に伴う形で降板。同10月から今年3月まで、ネットテレビ局のニュース番組「AbemaPrime(アベプラ)」の司会を務めた。今年2月には1歳年上の一般男性との結婚とテレ朝退社を発表した。

「NEWS23」は1989年(平成元年)にスタートし、初代キャスターを故筑紫哲也さんが務めた。以来30年にわたって放送され、令和の新しい時代が始まるタイミングで、新たなメンバーによりスタートを切ることになった。

 その目玉が、小川アナのメインキャスター就任を中心とする新布陣だ。アンカーは星浩氏、取材・フィールドキャスターは村瀬健介記者が務める。また、スポーツコーナーは石井大裕アナが務め、サブキャスターには山本恵里伽アナが就任。現キャスターでフリーアナの雨宮塔子は5月いっぱいで番組を離れることも決まった。

 小川アナは7日、同番組を通じて「不安でいっぱいではあるが、『アベプラ』での学びや気づきを糧に、精一杯取り組んでいきたい」などとコメントを寄せた。

 これまで多くの女子アナがフリーに転じてきたが、今回のケースは異例。まず、退社後すぐにライバル局の報道番組でメインキャスターに就任、しかも現任の雨宮を追い出すような形になったことだ。

 小川アナと似たケースでは、昨年3月にNHKを退局し、同年10月に日本テレビ系「news zero」のメインキャスターに就任した有働由美子アナが挙げられる。

「有働アナでも異例の早さと言われたが、それでも退局してから半年は空けた。しかもNHKと民放だと“ライバル局”とは言いにくい。一方の小川アナは退社後3か月足らず。しかもテレ朝からTBSという、同じ民放キー局にこんなに早く移るのは聞いたことがない」(芸能プロ関係者)

 ただ、何よりも注目されるのは、元カレである櫻井が、真裏の報道番組に生出演していることだろう。

 小川アナと櫻井は17年2月に交際が発覚。当時は、午後10時台の「報ステ」のサブキャスターである小川アナと午後11時台の「news zero」の月曜キャスターを務める櫻井、“報道番組カップル”と話題を集めたが、昨年8月に破局が報じられた。それからわずか約10か月後、小川アナが「NEWS23」のメインキャスターに就任する運びとなった。

「10時台の『報ステ』と『news zero』は、放送時間がほとんど重なっていないけど、『NEWS23』は同じ11時スタート。櫻井の出演は月曜だけとはいえ、“元カレ対元カノのガチンコ対決”が話題となるのは間違いない」(同)

 6月3日は月曜日とあって、いきなり両者の“競演”が実現する。さらに注目は、7月に行われる方向の参院選だ。

「ここ最近、国政選挙になると櫻井は、選挙特番で小泉進次郎氏と対談するなど、報道キャスターとして活躍している。一方、小川アナもメインキャスターとして最初の国政選挙だから、元カレには負けられないでしょう」(芸能関係者)

 ちなみに4月30日~5月1日に放送された、平成から令和への改元特番では、櫻井が出演した日テレ系「news zero 拡大版 有働由美子&櫻井翔『改元の瞬間』生中継SP」が平均視聴率トップを記録。1部(午後11時~12時)が10・6%、2部(午前0時~0時59分)が7・9%だった。

 一方、11時から0時25分まで放送のTBS系「NEWS23拡大SP」は4・1%と惨敗。現在は劣勢の「NEWS23」だが、小川アナのメインキャスター就任で“打倒元カレ”を果たせるか?

 (視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)