関ジャニ脱退報道の錦戸亮 船越英一郎に弟子入り“錦戸亮一郎”に

2019年04月28日 16時30分

ジャニーズ事務所

 人気アイドルグループ「関ジャニ∞」からの脱退騒動で世間を騒がせている錦戸亮(34)が主演ドラマで共演した“2時間ドラマの帝王”船越英一郎(58)に弟子入りしたという。

 錦戸は1~3月クールの主演ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)で船越と共演。その放送中の3月初め「週刊文春」に、錦戸がグループから脱退することが報じられた。

「アイドルはもちろん、ジャニーズからの退所も決意しているといわれる錦戸が、今回の共演で心底、尊敬したのが船越。ベテランですし、役者論に始まり、セリフの言い回しや間合い、スタッフを大事にする姿勢など、学ぶべきところが数多くあったといい、打ち上げの席でなんと錦戸は船越に弟子入りを申し出たというんです」(テレビ関係者)

 錦戸はジャニーズを退所した場合、後見人として船越を頼ることにしたようだ。

「弟子入りを申し込まれた船越はまんざらでもなく、うれしそうな顔をしていました。錦戸に『お前にオレの一郎の名前をつけてやる、今日から“錦戸亮一郎”だ』と命名までした。錦戸はこれに大喜びで『あざーっす、亮一郎です』と何度もおどけていました」(同)

 打ち上げの酔った席でのざれ言のようにも聞こえるが、当の錦戸は本気で弟子になる意向だとか。芸能プロ関係者は「ジャニーズを出て事務所はどうするかなど、具体的なプランは何も決まっていないようです。それらを含めて、今後は俳優として生きていくと決めていることもあり、船越にはその後ろ盾になってもらいたいようだ。“亮一郎”の芸名は冗談にしても弟子入りはあながちウソではないようです」とみている。

 SMAP解散、嵐活動休止、関ジャニ∞から渋谷すばる脱退、退所に続き、果たして錦戸はどこへ行くのか。