中居正広ジャニーズ残留で結婚ある!?「破局」報道のダンサー女性との交際継続

2019年04月26日 11時00分

武田舞香さん

 元SMAPの中居正広(46)が、破局報道があった振付師兼ダンサーの女性(34)との交際を継続していると、25日発売の「女性セブン」が報じた。同誌が匿名で伝えたこの女性は武田舞香さん。中居といえば、今年こそジャニーズ事務所を退所し、元SMAP3人のユニット「新しい地図」への合流が噂されていたが、ここにきて「ジャニーズ残留を決意した」と言われる。だが意外にも、ジャニーズに残留した方が結婚の可能性は高いとみられている。そのワケは――。

 約10年前、武田さんがSMAPの振り付けを担当したことで2人は知り合い、ほどなく交際に発展した。それから破局報道もあったが、「女性セブン」によると2人は別れておらず、約6年間にわたる同棲生活を継続している。

 中居は3月いっぱいで「ナカイの窓」(日本テレビ系)、「中居正広の身になる図書館」(テレビ朝日系)という2つのレギュラー番組が終了した。このことが年明け早々に報じられると、「いよいよジャニーズ退所に向けた布石か?」と一気に騒がしくなったが、実際にはそんなことはなかった。

 終了した番組の代わりに、2つの新レギュラー番組「中居正広のニュースな会」(テレ朝系=27日スタート)、「新・日本男児と中居」(日テレ系=5月3日スタート)が立ち上がったのだ。芸能プロ関係者は「このタイミングでレギュラー番組が始まるということは、ジャニーズを退所することはない。実際に中居はジャニーズに残留する意思を表明している」と指摘した。

 武田さんとの交際を継続する一方で、退所が噂されていたジャニーズとの契約も継続というわけだが、中居にとってはこの判断が2人の関係にも大きな影響を及ぼしそうだという。テレビ局関係者が解説する。

「一般的には『ジャニーズに在籍していると結婚できない』『独立すると結婚できる』と思われがちで、確かにひと昔前まではそういう傾向が強かったことは事実です。ただ、今の中居に関してはまったく反対と言っていい。仮に退所して『新しい地図』に合流したとしたら、テレビへの出演は減り、ファンミーティングなどでファンと接する機会が増える。どうしてもファンはショックを受けてしまいますから、簡単に結婚には踏み切れないでしょう。しかしジャニーズに残留してテレビで活動している分にはそこまで問題にならない。だからこそ、残留した方が結婚に近づいたと言える」

 確かに「新しい地図」の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が2017年秋にジャニーズを退所した際、「3人の中で誰かが結婚するのでは?」と噂されていたが、まだ誰も結婚していない。「やはりジャニーズを退所しても付いてきてくれたファンを結婚することで動揺させるわけにはいかないということ」(同)

 中居はジャニーズに在籍している限り、「テレビの名MC」としての地位は揺るがない。「新しい地図」の3人ほどは、ファンの動向に気を使わなくてもいい立場と言える。所属アイドルの結婚には厳しいと言われるジャニーズだが、「中居が『結婚したい』と言ったら、絶対に反対しない。今は中居がやりたいようにやらせているから」(同)。現在の中居の立場や年齢を考えて“物言い”をつける可能性は限りなくゼロに近い。

 そうなると、あとは中居の気持ち一つだろう。これまで中居は性格的に「結婚不適合者」というのが定説で、本人もそう公言していたが、最近はかなり変化の兆しを見せている。

 本紙は昨年7月、中居がテレビ番組のロケで結婚について「任しといて! 考えていますから、それは」と冗談交じりながら前向きに語ったことを報じた。SMAPの中では最も結婚に遠いと思われていた中居だが、木村拓哉に次いで2人目のゴールインとなりそうだ。