「熱愛報道」錦戸まだあった激ヤバ写真

2013年04月01日 11時00分

 ジャニーズの人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮(28)が清純派女優・新垣結衣(24)と熱愛か、と22日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)が報じたが、そこに写る錦戸は“羊の仮面”をかぶっている可能性が高い。同誌では、大学生のようなカジュアルファッション姿を撮られていたが、本紙が極秘入手した写真ではまるで“オオカミ”、チーマーファッションで傍らには美女の姿も…。

 ある時は大阪特有のノリと笑いで個性を放つ関ジャニの一員、またある時は、ドラマや映画で繊細な演技を見せる俳優…。「錦戸亮」には2つの“顔”があるが、それは私生活でも同じだった。

“スキャンダル処女”新垣との熱愛を報じたフライデーによると、ツーショット写真はないものの、周囲を異常警戒しながら、それぞれの自宅マンションを行き来していたというが、双方の事務所関係者は「お互いのマンションに別の友人がおり、2人だけで会っていたというわけではない」と説明している。この2人の接点は2011年7月に共演した連ドラ「全開ガール」(フジテレビ系)。錦戸といえばモデルや女優、一般女性など様々な相手と浮名を流してきたジャニーズきっての遊び人だけに、撮影中は新垣サイドも要注意人物として警戒していた。

「ドラマで2人のキスシーンがあったのですが、錦戸さんはわざとNGを出すなどやりたい放題。新垣さん側が激怒したという話も聞きました」(芸能プロ関係者)

 にもかかわらず、新垣を口説き落としたとなれば錦戸の猛烈なアタックがあったとしか思えないだろう。

 ただ、同誌に出てくる錦戸のファッションは襟付きのシャツにセーター、ジーンズに足元はスニーカーという優等生のさわやか系。危険なオーラはみじんも感じさせないが、これが仮の姿だとしたら…。

 実際、本紙が入手した錦戸は優等生とは真逆のチーマーファッション。これは昨秋、大阪・難波の繁華街で撮られたもので、傍らには遊び仲間と思われる男性と20代の美女がいた。

 現場を目撃した人物は「美女はキャバ嬢風で新垣さんとは似ても似つきませんでした。錦戸さんはその女性を連れ回し、最終的にはタクシーに同乗して夜の街に消えていきました」と証言する。

 人気アイドルのなかにはマスコミの多い東京ではなく、大阪や地方でハメを外す者は多い。錦戸もそのクチで、大阪のクラブで赤西仁(28)と一緒に数人の美女をはべらせていたという目撃談は、挙げたらキリがない。
 この日の夜も、錦戸は慣れた様子で大阪市内のとある会員制バーへ。そこで錦戸はあるモノを取り出したという。

「シートに座るなり、小さなケースから細かい葉っぱ片を出して、それを丁寧に紙でクルクル巻いていました。紙巻きたばこ? 私はたばこを吸わないのでわかりませんけど、彼はそれを『いる?』という感じで、知人男性に勧めていましたよ」(目撃者)

 どちらにせよ、大阪で目撃された錦戸の姿は、都内で撮られたフライデーに掲載された写真とは明らかに異なる。

 芸能プロ幹部によれば「とにかく女好き。関西弁でノリも良く、女性はついつい気を許してしまうが、飽きたら急に素っ気なくなる。泣かせてきた女性は数え切れないですよ」という。果たしてどちらの姿が本当の錦戸なのか。