再婚発表の矢口真里 相手家族に感謝「一度結婚失敗している私を受け入れてくれた」 

2018年03月26日 13時16分

再婚した矢口真里

 元「モーニング娘。」の矢口真里(35)が26日、かねて交際を公言していた元モデル男性との再婚をブログで発表した。

「ご報告」のタイトルで投稿した矢口は「私事ですが、本日2018年3月26日に、兼ねてよりおつきあいしておりました男性と入籍を致しました」と報告。「4年のお付き合いを経て、お互いがこの先の未来を共に歩んでいけるような存在になれたことを嬉しく思います」と喜びを伝えた。

 2度目と結婚となることについては「一度結婚に失敗している私のことを受け入れてくれた彼、そして彼のご家族に心から感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝の気持ちをつづった。

 そして「未熟過ぎる私ではございますが、自分なりに一生懸命今まで以上に、お仕事、そして家庭を大切にして、幸せになりたいと思います。これからも温かく見守って頂ければ幸いです。よろしくお願い致します」と締めくくった。

 矢口は1998年に「モー娘」に加入。愛くるしいルックスと抜群のトーク力で中心メンバーとして活躍した。2009年にモー娘などを傘下に収めるハロー!プロジェクトを卒業後、11年に俳優の中村昌也(31)と結婚した。192センチという長身の中村と145センチのミニモニ矢口は、その身長差も話題になった。しかし、13年、不倫相手だった元モデル男性と夫が自宅ではち合わせし大騒動になった。この“自宅ゲス不倫”がきっかけとなり、同年5月に中村と離婚した。

関連タグ: