つばきファクトリー小野田「私が一番かわいい」発言にブレーク予兆

2018年02月23日 16時30分

デビュー1周年記念ライブを行ったつばきファクトリー

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「つばきファクトリー」(リーダー・山岸理子=19、サブリーダー・小片リサ=19、新沼希空=18、谷本安美=18、岸本ゆめの=17、浅倉樹々=17、小野瑞歩=17、小野田紗栞=16、秋山眞緒=15)が22日、都内でデビュー1周年記念ライブを行った。

 つばきファクトリーは昨年末に「第50回 日本有線大賞」の新人賞と「第59回 輝く!日本レコード大賞」で最優秀新人賞の“2冠”をゲット。春の単独ライブツアーも決定し、いま最も勢いづいているグループだ。

 ライブでは21日発売の3枚目の新シングル「低温火傷/春恋歌/I Need You~夜空の観覧車~」を含めた14曲を披露した。

 コンサート後、リポーターから「新曲のMVはみなさんすごくかわいかったですね」とほめられると、メンバーも「うれしい~! ありがとうございます!」と笑顔をはじけさせた。そこで小野田が「私が一番かわいいと思います! つばきファクトリーの中で私が一番かわいいです!」と、グイグイ前に出た。

 これにメンバーたちは「え~っ!?」と微妙な反応で、小片は「最近、よく自分で言ってるんですよ~」と苦笑いだった。

 印象的だったのが、取材の場で小野田のように、自ら発言しようと前に出てくるメンバーが多かったこと。実はこの現象は「アイドルが“化ける”、つまりブレークする前に多いことなんですよ」とはテレビ局関係者。

「年末のレコ大最優秀新人賞ゲットが本人たちの自信になった。アイドルは自信が色気となって表情に出る。それがますますファンを引き付けるんです。映像で彼女たちを見ると一目瞭然ですよ」と前出の関係者は指摘した。小野田のように自分のことを「かわいいです!」と主張するキャラが出てくるのは、グループが波に乗っている証拠で、ライブのチケット1100枚も即完売だったという。

 今年は躍進の年となりそうだ。

関連タグ: