モー娘1期生が初めて再結集! 結成20年記念「愛の種」を限定配信

2017年11月01日 20時26分

11月3日に配信される「愛の種(20th-Anniversary-Ver.)」。下は20年前の「愛の種」ジャケット写真
11月3日に配信される「愛の種(20th-Anniversary-Ver.)」。下は20年前の「愛の種」ジャケット写真

「モーニング娘。」1期OG(中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日花)と、現役メンバー14人が世代を超えたコラボレーションが実現。3日限定で「愛の種」(20th Anniversary Ver.)を限定配信することが1日、明らかになった。

 テレビ東京系「ASAYAN」のオーディション企画で最終候補に落選した中澤ら5人は、つんく♂が命名した「モーニング娘。」としてユニットを結成。メジャーデビューの条件として、「インディーズシングル『愛の種』を5日で5万枚手売り」の試練が課された。1997年11月3日、大阪を皮切りに手売りキャンペーンをスタートし、4日目の名古屋で目標を達成。メジャーデビューが決定した。

 あれから20年。オリジナルメンバーが初めて再結集し、現役メンバーとのコラボで、アイドル不毛時代にまいた「愛の種」が新たな花を咲かせる。

 中澤は「新旧問わず、すべてのファンのみなさんのおかげで、モーニング娘。は20年を迎えることができました。モー娘の始まりの曲を多くの方に聴いていただけたら幸せです」とコメント。石黒彩は「5人にとって思い入れのある曲なので、現役メンバーと一緒に歌えるのが幸せです。20年分の感謝を込めています」と語り、安倍も「こんな日を迎えることができるなんて…。当時のことを懐かしく思いながら、新鮮な気持ちとともに歌わせていただきました」と心境を明かした。

 

ピックアップ