アンジュルム・和田彩花「運慶」とアイドルの共通点を発見

2017年09月25日 14時36分

和田彩花

 アイドルグループ「アンジュルム」のリーダー・和田彩花(23)が25日、東京・台東区の東京国立博物館で開催される「興福寺中金堂再建記念特別展『運慶』」(9月26日~11月26日まで)のPRイベントに参加した。

 同展の公式サイトでは、運慶を楽しく学べるファンクラブサイト「運慶学園」を開校。和田は生徒として、展示された作品を見ながら勉強した。趣味は日本の絵画や仏像巡りとあって「光がしっかりと当たっているので、細かい部分まで見られる。血管や耳の裏の筋を見てほしい」と仏像好きならではの視点で、展覧会の魅力を語った。

 また「普段あまり時間がなくて、お寺などを訪れる機会が少ない。こうやって360度ぐるりと回って仏像を見ると、とてもリアルに感じられる」と目を輝かせた。

 見学を終えてアイドルと仏像のまさかの共通点も発見。「毘沙門天のポーズの仕方がスタイリッシュ。実際にやってみると腰をひねったり、腕を高く上げたり、つらい体勢。でもアイドルをしていて、つらいポーズで撮ると美しいって言われていたことがあったし、運慶と一緒だ~」と驚いた。

 ハロー!プロジェクトのアイドルといえば、「モーニング娘。」出身で元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美さん(30)が今月、第1子を出産した。和田は「直接報告を受けてはいませんが、おめでたいこと。大先輩なのでうれしいです」と喜んだ。