元モー娘&ウルトラマンならでは!?杉浦太陽が抱える娘への不安

2017年09月23日 16時30分

えのき茸をPRする杉浦太陽

 俳優の杉浦太陽(36)が22日、都内で行われたJA中野市(長野県)の「きのこPRプロジェクト」に出席した。

 NHKの番組ロケがきっかけで2009年から「中野市食の大使」に任命された杉浦。この日は長野県産のえのき茸などをPRするイベントで「えのき茸はみそ汁やカレーに入れるのもいいですよね」などと宣伝。時折、専門用語を交えるなど、博学なところも見せた。

 そんな杉浦の妻は元「モーニング娘。」の辻希美(30)。モー娘といえば、先日、テレビ東京の元アナウンサー紺野あさ美さん(30)の第1子誕生や、タレントの飯田圭織(36)が初めての女児を出産したなど、“おめでたラッシュ”だ。メンバー同士は交流を持っていると報じられているが、杉浦も「モーニング旦那ラインで、祝福しましたよ」とニヤリ。

 杉浦は辻との間に3人の子供がおり、長女は小学生だ。2世タレントとして子供たちの芸能界入りの可能性を聞かれると「小学生の時にパッとしなかった子が、中学と進学していく中で花開くこともある。(長女の)希空(のあ)はダンスはできるけど、人前に出るのが苦手。僕も昔は引っ込み思案だったし、本人は向いていないんじゃないかなぁ」とやや後ろ向き。

 さらに杉浦には懸念していることもある。「もし、女の子とかなら、グラドルとかもあるじゃないですか。『ウルトラバディ』とか『モーニングショット』って見出しで記事を書かれるのが想像できます」

 杉浦は「ウルトラマンコスモス」に出演したことがきっかけでブレークしたが、このウルトラマンが子供に影響するのではというのだ。冗談交じりとはいえ、本心では娘の芸能界入りは阻止したいのかもしれない。