杉浦太陽”モーニング旦那ライン”の存在明かす モー娘OG夫同士でやりとり

2017年09月22日 15時27分

エノキダケをアピールした杉浦太陽

 俳優の杉浦太陽(36)が22日、都内で行われたJA中野市(長野県)の「きのこPRプロジェクト」に出席した。

 杉浦は20日に発表された歌手・安室奈美恵(40)の電撃引退に「昨日夫婦で話した。安室ちゃんド世代の僕らにとって、引退宣言はショックだった。歌姫の象徴だし、夫婦でライブチケットを取れたら、行きたい」と衝撃を受けたことを明かした。続けて「”辻ちゃん”と呼ぶように”安室ちゃん”って親しみを込めて呼ぶし、安室ちゃんっていう存在は大きい」と語った。

 妻が元「モーニング娘。」の辻希美(30)とあって、モー娘OGとは家族ぐるみで交流があるという。飯田佳織(36)の第3子誕生や元テレビ東京アナウンサー・紺野あさ美さん(30)が第1子出産した際も「旦那さんからラインで報告を受けました。”モーニング旦那ライン”で、祝福しましたよ」と明かした。

 イベントでは、店頭に立ち中野市産のエノキダケを買い物客に精力的にアピール。はっぴ姿の杉浦は「昔、居酒屋でアルバイトをしていたので、その時のように接客を頑張ります」と意気込んだ。

 杉浦はNHKでのロケ番組の収録で、長野県のきのこ農家を訪れたことがきっかけで、2009年に「中野市食の大使」に任命された。