小川麗奈卒業 短期間で2人脱退「こぶしファクトリー」の今後

2017年09月07日 16時30分

小川麗奈

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「こぶしファクトリー」の小川麗奈(17)がグループを卒業することが6日、所属事務所から発表された。

 小川は7月上旬「不安神経症」との診断を受けて、活動休止中だった。小川はホームページ上で「大好きな皆さんへ この度は体調不良でお休みをしご心配お掛けしてすみません。主治医と相談しながら復帰も考えてきましたが、小川麗奈は卒業をする事を決断しました。突然の事で驚かせてしまってごめんなさい」とファンに謝罪した。

 11歳から研修生として活動してきた小川。現在はこぶしファクトリーの一員として人気メンバーに成長した。アイドル卒業を決意した経緯についてはこうつづった。

「小学五年生から研修生として、そしてこぶしファクトリーとしてデビューして辛い事、大変な事も沢山ありましたが、今はメンバーや応援してくださるこぶし組との楽しかった思い出ばかりが沢山溢れてきます。休養を取るなかで、自分のこれからの人生についても沢山考えました。その中で今の自分と向き合いながら新たな夢を見つけられるよう、がんばって勉強していきます」

 こんな小川の卒業が、グループへ与える影響は計り知れない。

「グループにとっては激震。小川が抜けた意味は想像以上に大きい。グループは今年7月にサブリーダーの藤井(梨央)さんが脱退したばかりで、短期間で2人連続で卒業したことになる。事務所のライバルグループである『つばきファクトリー』の躍進もあって、グループは危機感を覚えていた時期だけになおさらです」(テレビ局関係者)

 ただ、今年6月に解散した先輩グループ「℃―ute」も最大8人組から、最後は5人組になりブレークした前例もある。こぶしはこの危機をバネにできるか。