あの騒動から4年…矢口真里と元不倫相手の「今」

2017年09月08日 11時00分

昨年5月、横浜スタジアムでDeNAー阪神戦を観戦した矢口(左)と梅田さん

“間男不倫騒動”から4年がたった元モーニング娘。の矢口真里(34)が、当時の不倫相手だった元モデル・梅田賢三さん(29)と年内にも再婚するとの情報が浮上している。2人は騒動直後から同棲を続け、梅田さんは芸能界を引退、会社員生活を送っている。2人の生活が落ち着いたことから、反対していた梅田さんの両親も結婚にGOサインを出したという。

 矢口は2013年5月、長身のイケメン俳優の中村昌也(31)と結婚している身で、ファッション誌「Fine」のモデルだった梅田さんを自宅に“お持ち帰り”したと女性週刊誌に報じられた。翌朝、中村がドラマの地方ロケを予定より早く終えて帰宅したことから、寝室で3人が鉢合わせたことも発覚。“間男不倫騒動”としてワイドショーなどで格好のネタになった。

「直後の5月30日、矢口は責任を取って中村と離婚。皮肉にも、それまで業界的に無名に近かった中村は騒動で一躍脚光を浴びて、バラエティー番組に引っ張りだことなった」(制作会社のスタッフ)

 矢口は離婚後、不倫相手だった梅田さんと“同棲生活”に入り、再婚が早い段階から噂されたが実現していなかった。

「矢口本人は、当初から再婚したいと思っていたんですが、梅田さんの両親が反対していたんです」と話すのはモデル関係者。それが騒動から4年が経過して、周囲に変化があったという。

 矢口と梅田さんの2人をよく知る芸能プロ関係者は「芸能界で活躍するために兵庫から上京し、モデルとバイトで頑張っていた息子があんな騒動に巻き込まれたんですから、梅田さんの両親は、相手が有名な矢口さんでも『別れなさい』と言い続けてきた。それが、梅田さんが1年以上前に芸能界を諦めて、矢口のために会社員になって真面目に働くのを見るにつれ、本気なのだとわかり結婚を認められたそうです。2人はいつでも入籍できる状態ですよ」と証言する。

 また別の関係者も「結婚前はあれほど男性と浮名を流してきた矢口が、この4年は梅田さん一筋でしたからね。それに応えるように梅田さんも、地道な会社員になって堅実な生活に変えた。周囲も2人がそこまで本気なら再婚もいいんじゃないかという見方に変わったのです」と打ち明けた。

 今年5月、矢口の妹がハワイで挙式したが、結婚式には梅田さんも参列。矢口側の親族にとってもすでに“事実婚”状態だ。今夏、女性週刊誌の取材を受けた梅田さんは「ちゃんと(矢口を)食わせていかないといけませんからね」と会社員生活を語ったという。

“元間男”と言っては失礼に当たるほど、イバラの道だった4年間の純愛を貫いた2人のゴールインはもうすぐだ。